入れ歯を作るときに保険が利かないものがあるのはなぜ?

歯科治療にどのようなものがあるか知っていますか?

総入れ歯ってどういうもの?

よく入れ歯のCMで歯茎と歯がくっついているものがありますよね。いわゆる上の歯全部、あるいは下の歯全部が自分の歯ではなく、カポっと取り外しができるあれが総入れ歯です。
自分の歯はありませんが、自分の歯茎は残っています。その歯茎にはめ込むようにして使います。上の総入れ歯は上あごにぴったりと張り付けるような形となっていますが、下の総入れ歯は、舌がありますのでその部分をカットしたUの字をしています。よく歯茎と入れ歯をくっつけるための糊のようなものがCMで流れていたりお店で売っていますよね。この接着剤で入れ歯をしっかり固定するんです。歯茎も年齢とともに痩せてきます。そうすると入れ歯と歯茎の間に隙間ができてしまい、入れ歯があるのにうまくかむことができなくなってしまうんです。

部分入れ歯って差し歯と違うの?

部分入れ歯は自分の歯が残っている場合に作成することができます。作った歯の両側に爪をつけて自分の歯に引っ掛けるというものです。
爪は金属の場合が多いですが、前歯など目立つ部分は透明の爪を使ったり、爪の代わりに磁石などを使用して固定するものもあったりとさまざまです。
似たもので差し歯がありますが、差し歯は部分入れ歯とは異なり、歯の根っこに土台を立てて、その上に歯の代わりとなるものをかぶせるのですが、その際かぶせ物と土台に接着剤を使用しますので外すことができません。そもそも差し歯は土台となる根っこがなければ差し歯は適応されませんので、注意が必要ですよ。
差し歯も保険が利くものと保険が利かない素材の差し歯があります。その違いは素材、色、と入れ歯とほぼ同じと考えてください。


TOPへ戻る