入れ歯を作るときに保険が利かないものがあるのはなぜ?

保険が利く方がお財布には優しいけれど

保険が利く入れ歯のメリット

保険が利く入れ歯の最大のメリットは価格でしょう。例えば3割負担の場合、入れ歯作成の費用が10万円だとします。この場合、保険を利用すると3万円で済むわけです。高齢者で1割負担の方だと1万円ということを考えると、その差は大きいとおもいませんか?
歯科治療は一度で済むものばかりではありませんから、価格を押さえたいという方には保険が利くというのはありがたいですよね。
また破損時の修理も簡単に行うことができます。入れ歯は食事をする際には必ず使用するものですから、使用しているうちに破損することも珍しくありません。ですので、保険が利く素材はすぐに修理することができるものですので、何かあったときの対処も早くできるんです。

デメリットはどんな点?

一番に挙げられるデメリットは、素材でしょう。基本的に保険が利く素材はプラスチックぽい素材となっています。それ以外の素材は自費となると考えておくと良いでしょう。このプラスチック素材は修理が必要な場合には、比較的すぐに対応することができるのですが、厚みがでるため口の中に違和感がある方もいます。
次のデメリットは作成期間です。この期間が保険が利く入れ歯だと短いです。すぐできていいじゃない、と思うかもしれませんが、時間をかけて作ることができないということは、微調整に時間をかけることができないんです。本来調整が必要な部分に時間を割くことができないため、不具合も出やすくなります。
三つ目は見た目です。プラスチック素材はやはり見た目もすぐにわかります。審美的な部分を気にされる方は満足できないかもしれません。


TOPへ戻る