入れ歯を作るときに保険が利かないものがあるのはなぜ?

お金がかかり時間もかかるけれど、その価値はあり

保険が利かない自費の入れ歯のメリット

自費の場合には、保険が利く入れ歯の素材がプラスチックだったのに対し、金属や強化されたプラスチックを使用したり、陶器素材を使用することができます。これらだと薄く作成することができ、また入れ歯自体の強度も増します。
また、作成時間も十分にとることができますので、細かい部分の確認と調整を行え、より自然な状態で入れ歯を使用することができます。せっかく作成したのに、歯茎と合わず痛くて使わない、ということは避けたいですよね。
見た目も歯の色や歯茎の質感などより自然に近いもので作成することができます。破損が少なく、できあがりの質にも大きな差がありますので、審美を気にされる方は値段はかかりますが自費で作成した方が良いでしょう。

自費だから完璧、というわけではない

それでも自費で作成すれば完璧なものができるかというと、決してそうではありません。
口の中に本来ないものを入れるのですから、入れ歯を入れた状態でうまく話せなかったり、食べ物をかむときに違和感が付きまとう感じがする方もいます。
また前述しましたが、歯茎は年齢とともに痩せてきます。そうすると自費で作成した入れ歯ももちろん合わなくなってくることがあります。
金属部分でアレルギーを起こしてしまう方もいますし、金属が当たってその部分が腫れてしまったということも珍しくありません。
保険が利くプラスチック素材ならば、すぐに削ったりすることができますが、金属だとそうはいきません。修理にも時間がかかってしまうという点は知っておきましょう。

高価なものが必ずしも良いものと言い切れないのが、入れ歯なんです。


TOPへ戻る